未経験からWEBデザイナーになりたいなら、いますぐ行動しよう

挑戦することを後回しにしていませんか?

スクール受講中さん

今のスキルではまだ無理、もっと勉強してから応募しよう…。

引越バイトくん

PCやソフトを買わないと…、時給の高い肉体労働や夜のバイトでヘトヘト、勉強なんかできない…。

夢追いくん

僕には夢がある、だからフリーターでもいいんだ…。
自分に言い訳してフリーターをダラダラ続けていませんか? 戦略次第ですぐにWEB業界に転職することは可能です。

山本真一

ちょうど20年前の僕がそうでした。暗い気持ちで明日もわからない中をダラダラと無為に過ごしてしまったのです。 結果、5年間を無駄にしました。

【結論】勉強に時間を使わず、WEB業界に飛び込もう

山本真一

昔の僕も数回面接に落とされただけで心が折れ、言い訳をしながら転職活動を後回し、ずるずるとフリーターを続けてしまいました。

山本真一

以外に未経験でも応募できる求人は多いこと、勇気を持って行動して欲しいことを言いたいのです。
  • 未経験でもスキルがなくとも若さを武器に今すぐWEB業界に飛び込もう:戦略次第では時間を無駄にすることなく、まんまとWEB制作者になれる。
  • WEB業界には未経験OK求人は意外に多い:未経験OKの求人なら、PCやソフトを購入する必要もスクールに通わずとも現場でスキルアップできる。
  • 独学やスクールでの勉強、現場では使い物にならない:ピントのずれた自己流の学習方法や一生懸命作ったけれど”芸術は爆発”しすぎた理解し難いポートフォリオなど、時間をかけて勉強した割には微妙な物が多い。
  • WEBデザイナー以外にも視野を広げてみよう:WEBディレクターや営業は未経験でもなれる。WEBデザイナーより平均給与が高く未経験からでもなりやすい職種がある。
  • 1社目の経験を踏み台にしてステップアップできる:僕自身、小さなお店や会社向けのWEBデザイナー⇒LPOツールを活用するWEBディレクター⇒BtoB企業WEBコンサルタント⇒巨大サイト専門のWEBディレクター⇒大手IT企業にバイアウトに成功したWEBメディアのWEB担当者⇒フリーランスといろいろな仕事を経験しました。1社目の経験を活かして転職することでステップアップが可能。
  • WEB業界に入って、仕事をしながらスキルアップしたほうが成長速度は早い:ダラダラと自己流の勉強やスクール・バイトに時間を使うより、WEB業界(バイトでもインターンでも派遣でも可)に飛び込んだほうが成長は早い。

山本真一

夢を叶えてWEB制作者になった今だからこそお伝えできる「未経験からWEBデザイナー・WEBディレクターに転職する方法」を解説します。

最短でWEB業界に飛び込むための戦略

未経験からWEBディレクターに

WEBディレクター見習い

自分、前職はホストクラブの黒服だったんです。

先日入社したWEBディレクター見習いのI君。長谷川博己似のシュッとしたイケメンだ。

風営法の関係で勤めていたホストクラブが0時以降営業できなくなったそう。それが原因でお店は潰れてしまった。

ホストクラブでは自社ホームページの運営も任されていた。簡単なHTMが書けるくらいのスキルはある。

興味があったのでWEBディレクターの面接に応募。黒服仕込のスマートな物腰を評価され、見習いではあるが正社員になれた。

働きながら勉強し、関西の大手企業の仕事を任されることになった。

山本真一

異業種・未経験ながらWEB業界に転職する人間は多い。

成功者の8割は偶然その仕事についた

WEBデザイナーになりたいではなくWEB業界に入るというゆるい目標で活動しよう。チャンスがあったらWEBディレクターでも営業でも良いので経験してみよう。


山本は、スキルがないから採用された?

5年間を無為にすごし、ついに採用されたのはたまたま運が良かったから?

【エピソード執筆中】


内定を1件獲得するには20件のエントリーが必要

何社に応募すれば内定? 未経験からWEBデザイナーに転職するための平均応募社数

未経験OK求人の研究

<執筆中>


攻めと待ちの転職を同時に進める、具体的な方法

独学するより、現場に潜り込んだほうがスキルアップは早いです。勇気を出して行動し、あなたにマッチする職場との出会いましょう。

1.転職サイトに登録し「待ちの転職」、スカウトメールを待つ

  • リクナビNEXT:転職者の8割が登録する人気サイト。登録して企業からのスカウトを待ちつつ勉強を頑張ろう。
  • キャリコネ:ブラック企業を見抜ける企業口コミサイト。口コミから面接を受けるかどうかを判断しよう。

山本真一

準備が整うまでは「待ちの転職」。とりあえず企業があなたを見つけられるような最低限の準備だけして、勉強を頑張りましょう。



2.未経験でもすぐに働ける環境を探す

山本真一

勉強にダラダラ時間をかけるのは無駄。素人の思い込みで使わないスキルを勉強していたり、微妙なポートフォリオ作成でつまづいていたり。なるべく早く業界に潜り込み実戦でスキルアップしましょう。

  • 未経験OK求人を狙う:リクナビNEXTなどで「未経験OKのWEBデザイナー」「未経験OKのWEBディレクター」職などを探してみましょう。
  • バイトを探す:アルバイトでWEBデザイナー見習いのような求人をするのも良いでしょう。先輩社員がすべて教えてくれる求人も結構あります。


3.勉強を続け経験値をためたら転職エージェントを使って本格的に活動する

学校を卒業した、PCやソフトを準備できた、など自分自身の中で納得できる状況になったら本格的に転職活動をはじめましょう。やはり転職エージェントを活用するのが一番です。

  • doda(IT転職やはじめての転職にも強い):待ちの転職も攻めの転職にも対応。求人数も最も多い。



最新記事

何社に応募すれば内定? 未経験からWEBデザイナーに転職するための平均応募社数未経験はWEBデザイナーに固執するな! WEBディレクターや営業も視野に入れよう
error: Content is protected !!